VMDインストラクター ネットワーク 日本中の売場を快場にしよう!

HOME 売場づくりの知恵広場 売場づくり交流サロン 売場づくり研究室 売場づくり発表会 VMDインストラクターワークタイル

VMDとは、ビジュアルマーチャンダイジングの略で、アメリカ流通業で開発された、売場づくりのノウハウです。

What's New

  

快場とは

■売場は買場、そして快場へ進化する。
今までの売場は、小売店やメーカーの立場でつくられた「売場」でした。つまり、小売店やメーカーがモノを売る場所である・・・という意味でした。
それが、このところ「買場」と言って、お客様が買うところである・・・という定義になりました。しかしパソコンやケータイで買い物ができる21世紀は、必ずしも「買場」はリアルな場ではなくてもよくなりました。そのため、リアルな売場にわざわざ買いに行く理由が必要になったのです。
消費者がわざわざ来てくれる売場は、ショッピングが快い売場でなくてはいけません。快い売場はリピーターが増え、やがてお店や商品のファンになってくれます。
ショッピングが快い売場、それを「快場」(かいば)と言います。

■快場が増えると、流通は活性化する。
快場はそこに行くだけで楽しく、来店客は情報が得られたり、気分が和らいだりします。逆に2度と行きたくない売場は快場ではなく、楽しめずに損をした気分になり、気分が乗らなかったところです。
もはや売場にモノを置くだけではもう消費者は振り向いてくれないでしょう。「快場」を直接つくるのは小売店やメーカー・卸の役目ですので、どのように売場を快場にするか、すなわち「顧客本位の売場」にするのかをまず第一に考えなくてはいけません。お客様主体の売場になれば、売場やお店に人は戻ってきます。だから、売場が商店街や郊外の一店舗であれ、快場になればお客様でいつも賑わうようになります。

VMDインストラクターとは

■売場づくりのスペシャリスト
VMDインストラクターとは、お客様にとって快い売場環境「快場」を提供する、売場づくりのスペシャリストです。別名、「快場コーディネーター」ともいいます。
今までの売場づくりは、小売店やメーカー・卸会社主体の売場づくりでした。しかも店長や販売員、営業マンや販売促進担当の個人的な感覚で勝手につくられていることが大半です。「快場」とは、顧客本位の売場のことです。そこに来るお客様が商品を理解しやすく、選びやすく、商品がある生活スタイルまでも想像できるような、快い売場でなければいけません。その「快場」づくりの成功ノウハウを体系化して、誰にでもわかりやすく教えられる人、それがVMDインストラクターです。

■1事業部1人、1店舗に1人は必要な資格
VMDは、ノウハウをつくる人、教える人、実行する人に大別できます。VMDインストラクターは、そのすべてができる人です。
元来VMDは、ノウハウをつくる人=コンサルタントまたは営業企画担当、教える人=教育係または販売促進担当、実行する人=店員または営業マンでした。しかし、これらすべてを統括してプロデュースする人がいなければ、VMDは円滑にまわりません。VMDインストラクターはいわば、コンサルタントでもあり実行部隊でもあります。企業の1事業部に1人、1店舗に1人いれば、いつでも「快場」はキープできます。


お問い合わせ

等身大のビジュアルマーチャンダイザー

VMDインストラクター協会会員募集

小さなお店のショップブランディング


VMDインストラクター協会説明・登録会
9月26日(月)
18:30〜
>> 詳細・お申込み

売場塾&VMDインストラクター説明会
9月5日(月)、9月12日(月)
18:30〜
>> 詳細・お申込み

VMD用語辞典

株式会社オーバルリンク


今月の「売場づくりの知恵」


プロトタイピングとは

   PR





売場づくりの知恵広場

VMDの専門会社「株式会社オーバルリンク」代表・深沢泰秀のツイッター

VMDの学校「売場塾」







2009 Oval-link, co,ltd. All rights reserved.   無断転載を禁じます